[PR]

 地方議会は今、なり手不足だ。議員の高齢化が進む一方で世代交代は進まず、無投票選挙が増えている。少子高齢化や人口減少、地域活性化といった地方の抱える課題の解決には、若い世代など多様な視点が不可欠だが、その担い手が不足している。

 「山県には、子どもを産める病院がなくなってしまったんです」

 山県市議の寺町祥江(さちえ)さん(36)は、今、地域の子育て支援策の充実に取り組んでいる。市は「子育て支援 日本一を目指して」をスローガンに、若い世代の移住促進を掲げるが、1人の女性が一生の間に産むと見込まれる子どもの数を表す合計特殊出生率は1・28と県内最下位だ。

 数年前、市内で唯一、出産がで…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら