[PR]

 9日午後7時半ごろ、航空自衛隊三沢基地(青森県)所属の最新鋭ステルス戦闘機F35A(1人乗り)が同基地の東約135キロ付近の太平洋上で消息を絶った。空自によると、40代の男性3等空佐が操縦していたが、レーダーから機影が消え、無線に応答がない。墜落した可能性があり、自衛隊が捜索している。

 空自によると、当該機は計4機による対戦闘機戦闘訓練のため、午後7時ごろ、同基地を離陸していた。飛行前の点検や直前の交信で異常は確認されておらず、突発的なトラブルが起きた可能性があるという。空自は同型機12機の運用を当面見合わせる。

 F35Aは米ロッキード・マーチン社製。敵レーダーに映りにくい高いステルス性を持ち、空自は次世代の主力戦闘機に位置付ける。F35Aは米軍などで運用されているが、防衛省によると、これまで墜落事故はないという。

 昨年1月から同基地への配備が始まり、今年3月に第3航空団第302飛行隊が発足。9日時点で13機が配備されていた。今回の機体は、三菱重工業小牧南工場(愛知県豊山町)で組み立てられた1号機という。

 当初の取得計画は42機だったが、政府は昨年12月、105機を追加し、将来的に計147機体制とする方針を決定。一部は短距離で離陸し、垂直着陸ができるタイプのF35Bとなる見通しで、海上自衛隊のいずも型護衛艦を「空母」化して搭載運用する。追加取得の総額は少なくとも約1兆2千億円に上る見通し。

 岩屋毅防衛相は9日夜、記者団に「夜間なので難易度は高い訓練だと思う」との見方を示し、「まずは捜索救助に全力を挙げる」と述べた。(古城博隆)