[PR]

 トランプ米大統領は9日、ホワイトハウスでエジプトのシーシ大統領と会談した。トランプ氏は会談冒頭、「両国関係が今ほど良かったことはない。彼は良い仕事をしている。偉大な大統領だ」とシーシ氏を称賛。シーシ氏も「戦略的な関係を飛躍的に高める機会だ」と強調した。

 両氏は対立する政治勢力同士の衝突が激化するリビア情勢のほか、軍事や貿易の関係強化を協議。米国が準備しているイスラエルとパレスチナの中東和平案も話し合った可能性がある。

 トランプ氏は、オバマ前政権が批判してきたエジプトの人権問題には触れなかった。シーシ氏は国防相だった2013年、軍を動かして当時のムルシ大統領を失脚させた。自ら大統領となった後は、ムルシ氏の出身母体・ムスリム同胞団を「テロ組織」とみなして弾圧。政権を批判した記者らも拘束され、欧米諸国や国際人権団体から批判されている。(ワシントン=渡辺丘)