【動画】消息絶った戦闘機F35Aの捜索続く=熊倉隆広撮影
[PR]

 青森県沖で消息を絶った航空自衛隊三沢基地(青森県)所属の最新鋭ステルス戦闘機F35Aについて、防衛省は10日、墜落したと断定した。現場周辺海域で9日夜に浮遊物を回収し、機体左右の尾翼の一部と確認した。自衛隊や米軍などが、操縦していた男性3等空佐(40代)の捜索を続けている。

 F35では、昨年9月に短距離離陸・垂直着陸可能なB型が米国で墜落したが、通常離着陸型のA型の墜落事故は初めて。航空幕僚監部の事故調査委員会が原因を調べる。

 墜落した機体は9日午後7時ごろ、計4機による対戦闘機戦闘訓練のため、同基地を離陸。防衛省によると、男性3佐はF35Aで約60時間、他の戦闘機を含め、約3200時間の飛行経験があるベテランで、この日は4機の編隊長として訓練を統率していた。離陸の約30分後、墜落機から「訓練中止」を告げる通信があり、直後に通信が途絶えた。夜間で距離があり、僚機は墜落機の状態を見てはいないという。

 F35Aは昨年1月に同基地へ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら