[PR]

 自由党共同代表の山本太郎参院議員(東京選挙区)が離党する意向を固めたことが10日、わかった。山本氏は今夏の参院選に向け、新たな政治団体を立ち上げることを検討している。

 山本氏が、朝日新聞の取材に明らかにした。山本氏は同日、小沢一郎代表と国会内で約1時間にわたって会談。調整が付き次第、離党届を提出して記者会見する見通し。新たな政治団体には現職の国会議員にも参加を呼びかける予定で、今夏の参院選で候補者の擁立を目指す方針という。同党関係者によると、国会では国民民主党と自由党との統一会派に残る方向。

 山本氏は2013年、脱原発などを訴えて初当選。今夏に改選を迎える。自由は国民との合流に向け協議を進めているが、原発再稼働を条件付きで容認する国民との合流について、山本氏の対応に関心が寄せられていた。山本氏は周辺に「最終的には政策を見ての判断にはなるが、一番大事なのは野党が結集していくことだ」と語っていた。(河合達郎)