[PR]

 北九州市立河内小学校(八幡東区)で10日、入学式があり、ただ1人の新入生、藤吉花次(はなじ)君(6)を迎えた。

 河内貯水池のほとりに立つ緑に囲まれた学校で、校区外からの通学も受け入れている。自宅は区内の市街地にあるが、藤吉君を含め全校児童11人になるアットホームな雰囲気と豊かな自然の中でのびのび育って欲しいと、父の宏二さん(39)と母の訓代(くによ)さん(39)が選び、学校のすぐ目の前に家を借りたという。

 入学式では、2年生が藤吉君の手を引いて入場。小田哲也校長が、カエルの人形「けろすけ」を同じ新入生として紹介すると、緊張した様子だった藤吉君はにっこりと笑い、一緒に担任の先生の名前を呼んだ。

 けろすけは、小田校長が「1人じゃないんだよ。みんな一緒だよ」と藤吉君が寂しい思いをしないように用意したという。すっかり打ち解けた様子の藤吉君は「楽しかった。学校ではサッカーをして遊びたい」と話した。

 この日は北九州市立の全小学校で入学式があった。福岡県内では、11日にも福岡市などの公立小学校で入学式がある。(吉田啓)