[PR]

 2016年の米大統領選でロシアがトランプ氏陣営に肩入れした「ロシア疑惑」をめぐり、バー司法長官は9日、下院歳出委員会の公聴会で、マラー特別検察官の捜査報告書の詳細版を「1週間以内」に公表する意向を表明した。一方で、トランプ大統領による司法妨害などの疑問については答えなかった。トランプ氏は「無罪」を宣言しているが、野党・民主党は全面開示を求めている。

 「私の見立てでは、1週間以内に報告書を公表する状況になると思う」。バー氏は公聴会でこう明言した。ただ、報告書の内容に触れることはなかった。

 報告書は約400ページに上るとされ、マラー氏らが集めた証拠や結論に至った理由が記されている。バー氏は3月24日、報告書の「主要な結論」として4ページの概要を公表。概要ではロシアとトランプ陣営の共謀は認定せず、トランプ氏の司法妨害については「証拠不十分」と結論づけた。

 これに対し、ニューヨーク・タイムズ紙などは、捜査員は「もっと多くの情報を概要に入れるべきだった。捜査結果を的確に描けていない」と不満を抱いており、報告書にはトランプ氏にとって打撃となる新情報も含まれていると伝えた。9日の公聴会でも、民主党の議員らが「米国民は多くの疑問に対する答えを得ていない。バー氏が報告書をどのように解釈して概要をつくったのかについても、懸念を抱いている」などと批判を展開した。

 一方、トランプ氏は概要の発表を受けて、「ロシアとの結託も司法妨害もなかった。(自分は)完全に潔白だ」と勝利を宣言。マラー氏の報告書を「これ以上ない内容」と称賛し、ロシア疑惑は終わったとアピールしていた。

 ところが、詳細の公表が近づき、心は穏やかではないようだ。9日には「大事なことは、ロシアとの共謀で米国人は誰も起訴されていないことだ」というテレビ番組のコメンテーターの発言をツイート。10日には「(捜査は)クーデター未遂だ。報告書は見ても読んでもいない」と記者団に語った。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら