写真・図版

[PR]

 小学校入学を控えた障害のある子どもの保護者にとって、学校選びは悩みの種です。地域の子どもたちが通う一般の小学校の「通常学級」または「支援学級」か、障害児だけの「特別支援学校」か。それぞれ特色があるのに加え、地域差もあるからです。2回にわたって障害児の学校選びを考えます。

 神奈川県に住む森口奈津子さん(36)の長男(6)は今月、新1年生になった。ただ、就学先が決まったのは、今年1月末になってからだった。

 長男は自閉症。就学先は、地域の小学校と障害児だけで学ぶ特別支援学校があり、小学校の中も通常学級と障害ごとのクラスがある特別支援学級に分かれている=図。

 森口さんは「勉強は多少できな…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら