[PR]

 佐藤天彦名人(31)に豊島将之二冠(28)が挑戦する第77期将棋名人戦七番勝負(朝日新聞社、毎日新聞社主催)の第1局は、10日午後3時2分、同一手順を繰り返す千日手(引き分け)が成立した。先手番と後手番を入れ替えて、11日午前から指し直しとなる。名人戦での千日手は16年ぶり。

 佐藤名人の先手で角換わり腰掛け銀になった。中盤、佐藤名人が敵陣に馬を作ったが、二の矢がない。先手が馬を、後手が飛車を動かす手順が続き、同じ局面が4回現れたため、千日手が成立した。

 千日手が成立した場合、通常の対局では30分後に指し直すが、名人戦の規定は異なる。1日目午後3時以降に成立したため、2日目の朝に初手から指し直すことになった。午後3時までに千日手が成立した場合は、1時間後に改めて指し直すことになっている。