[PR]

 麻生太郎財務相は10日の衆院財務金融委員会で、議員らから財務相への予算関連の陳情があった際、財務省では面会内容をメモに残していないと発言した。前国土交通副大臣の「忖度(そんたく)」発言で問題になった「下関北九州道路」の陳情で、自民党の吉田博美参院幹事長が麻生氏に面会した際のメモもないという。

 国民民主党の緑川貴士氏の質問に答えた。麻生氏は理由について「まず数がすごい。話を伺う場であって、その場で私が結論を出すことはない。そういった意味では(必要なことは、相手から渡される)要望書にすべて書かれており、やりとりの記録を残すことはない」と説明した。

 下関北九州道路をめぐっては、国交省が前副大臣と吉田氏が面会した際のメモを8日に公開した。緑川氏は「生の言葉は要望書にのらない。吉田議員がどんな言葉を言ったかが重要だ」と指摘。「公文書の改ざんがあり、文書の管理の仕方や記録の残し方に厳しい目が向けられていることを念頭に取り組んでほしい」と批判した。(木村和規)