[PR]

患者を生きる・食べる「意識障害」(4)

 2013年のマラソン大会中に倒れて意識障害が残った、京都府の女性(44)は口から食べられるように練習を始めた。

 15年3月、夫の柘植知彦さん(51)の携帯電話が鳴った。相手はなじみのイタリア料理店のシェフだった。開店の日にたまたま訪れたのが縁で、結婚記念日など大切な日には決まって足を運んでいた。

 経口摂取用のシリンジ(注射器…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら