[PR]

 「福岡発 脱力系ラグビー漫画 ラグ村ラグ江」。福岡市役所のホームページ(HP)で連載中の漫画がラグビーファンの間でひそかに人気を博している。

 登場するのは、なぜか楕円(だえん)のラグビーボールの形をした着ぐるみを身にまとうOLラグ村ラグ江と、痛快なツッコミを繰り出すネコさん。

 ルールなどまったく知らないラグビーの素人が、たまたま見たワールドカップ(W杯)のCMをきっかけに勝手に盛り上がるという設定。2年前に始まり、2週間に1話のペースで更新され、これまでに計47話(4月27日現在)を数える。

 作者はラグビーワールドカップ2019福岡開催推進委員会の吉村衣恵(きぬえ)さん(34)。長崎県佐世保市出身で、高校卒業とともに福岡市役所に就職した。

 もともと漫画を描くことが好きだった。専門的に学んだことはないが、以前の職場の市植物園や市水道局では、自己流で刊行物にキャラクターを描いてきた。

 吉村さんが今の職場に移ってきたのは17年4月。発足間もない部署で、W杯のPRのためにHPを見やすいようにしたいという話になり、女性職員5人が集まって頭をひねった。

 ある人が冗談交じりに言った。「欧米のファンみたいに、吉村さんの顔にペイントしてHPに載せればいいんじゃない?」。盛り上がったが吉村さんは内心、焦った。「これはまずい」

 代わりに思いついたのが得意のイラスト。やってみると一発で描き上がった。スムーズに第1話が完成したので「いける」と思った。

 作品では、キャラクターが素人…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら