[PR]

 イオンは10日、イオン九州とマックスバリュ九州、イオンストア九州の3社が9月に予定していた経営統合を延期すると発表した。イオンは全国で傘下の事業会社の再編を進めているが、九州では総合スーパーのイオン九州の業績が振るわず、戦略を見直すことにした。

 イオンは3社を統合し、新たに持ち株会社を作って食品分野とそれ以外の完全子会社2社に再編する計画を昨年10月に発表した。ところが、今回の発表では、「企業価値を最大化するために継続協議が必要」として、統合を延期。延期の期限も示さなかった。再編のスキームについても変更する可能性を示唆した。

 統合によって赤字が続く旧ダイエーの一部店舗を引き継いだイオンストア九州などの総合スーパー事業を立て直す狙いがあったが、イオン九州も振るわなかった。同社の2019年2月期決算は、売上高が前年比3・3%減の2243億円、営業利益が同94・2%減の5千万円。暖冬の影響で冬物衣料などの売り上げが伸びなかったほか、豪雨災害で店舗が被災するなどした。会見した同社の柴田祐司社長は「どういう成長戦略を描くか、もう少し議論しないといけない」と話した。(北川慧一)