[PR]

 国際研究チームが、観測結果について発表するブラックホールは、宇宙のはるかかなたにあり、地球に直接の影響はない。ただ地球での加速器実験で小さなブラックホールができる可能性が指摘され、騒ぎになったことがある。

 スイス・フランスの国境沿いにある大型円形加速器LHCでは、2008年の運転開始前、極微のブラックホールができることが理論計算で指摘され、「ブラックホールができると、地球や私たちの宇宙まで吸い込まれてしまうのではないか」と心配する声もあがった。

 こうした懸念を受け、LHCを開発・運用する欧州合同原子核研究機関(CERN)は、ノーベル物理学賞受賞者らでつくる委員会に「安全審査」を依頼。

 委員会がまとめた報告書は「ブラックホールはエネルギーを放射しながら縮んでいく」とする英国のホーキング博士による「ホーキング放射」の理論などにもとづき、「もしブラックホールができても、すぐに消滅してしまう」と結論づけた。

 このほか、地球にはLHCでで…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら