[PR]

 「サングラス大仏」。愛知県江南市にネットやSNSなどでこう呼ばれている大仏がある。

 サングラスの正体は、すぐ近くにある名鉄犬山線の踏切の警報機だ。大仏の目元と警報機が重なるアングルから見ると、大仏がサングラスをかけているように見えるというわけだ。

 地元出身で、御嶽(おんたけ)教を信奉してきた前田秀信さん(故人)が、1954年に建立した。正式には「御嶽薬師尊」というが、地元では地区の名称から「布袋(ほてい)の大仏」の名で親しまれている。鉄筋コンクリート製で高さ約18メートルあり、奈良・東大寺の大仏を上回るとされる。

 踏切を渡って少し離れたところ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら