[PR]

 就任から半年、数々の問題発言で批判を浴びてきた桜田義孝五輪担当相が辞任した。議員の名前を挙げつつ「復興以上に大事」。そんな、東日本大震災の被災者を軽視するかのような発言の末の「退場」となった。被災地や関係者から憤りの声があがった。

 「開いた口がふさがらない。復興五輪と言いながら、被災地を軽んじているのではないか」。岩手県久慈市の土木作業員の男性(71)はテレビニュースで桜田氏の発言を知り、怒りをあらわにした。自宅は大震災の津波で全壊し、災害公営住宅でひとり暮らしをしている。「被災者は日々真剣に生きている。勉強不足だ。政治家は心を引き締めてほしい」と話した。

 宮城県石巻(いしのまき)市の災害公営住宅で町内会長を務める山下憲一さん(71)は「このまま桜田氏で東京五輪を迎えなくて良かった」と皮肉った。桜田氏は9日の国会審議でも石巻市を「いしまきし」と繰り返し言い間違えており、「あきれた。予備知識も資質もない人が、派閥の順送りというだけで大臣に就いたとしか思えない」と批判した。

 「震災から8年経っても、生活が戻らず、もがいている人がいる。そうした人をないがしろにするあり得ない発言だ」。福島県田村市の美容師、山崎由美子さん(52)はそう話した。東京電力福島第一原発事故で出た避難指示が10日に一部で解除されたばかりの同県大熊町から避難している。桜田氏について「国民を代表する立場の人間として自覚がなさ過ぎる」と憤った。

 身内の自民党議員からも厳しい…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら