[PR]

 安倍晋三首相は10日夜、失言で辞任した桜田義孝前五輪相の後任として、鈴木俊一元五輪相を再登板させる方針を固めた。11日に皇居で認証式を行う。

 首相は10日夜、鈴木氏に電話をし、再登板を打診。鈴木氏も受諾した。

 鈴木氏は東日本大震災で津波被害を受けた岩手県沿岸部を選挙区とする岩手2区選出。鈴木善幸元首相の長男で当選9回。2017年8月~18年10月に五輪相を務めた。

 桜田氏は同日夜、東日本大震災で被災した岩手県出身の自民党衆院議員のパーティーであいさつし、議員の名前を挙げて「復興以上に大事」と発言した。その後、被災地軽視と言える発言の責任を取り、安倍晋三首相に辞表を提出した。