[PR]

 トランプ米大統領は10日、イスラエルの総選挙の結果、ネタニヤフ首相が続投する公算が大きくなったことを受けて、「彼は素晴らしい盟友だ。祝福したい」と歓迎し、イスラエルとパレスチナの和平の実現について「可能性が高まった」と述べた。ホワイトハウスで記者団に答えた。

 トランプ氏は双方の和平交渉仲介を「世紀の取引」と呼び、意欲を示している。近く示すとみられる和平案について、「中東和平は実現できないと誰もが言うが、チャンスはある。ビビ(ネタニヤフ首相の愛称)が勝利したことで可能性は高まった」と述べた。

 トランプ氏は10日、電話でネタニヤフ氏を祝福し、「米国は彼とイスラエルの人々と常にともにある」とツイートした。

 ネタニヤフ氏との蜜月関係を鮮明にしてきたトランプ氏は、総選挙直前にシリア領ゴラン高原についてイスラエルの主権を認め、両国が敵対するイランの精鋭部隊・革命防衛隊を「外国テロ組織」に指定した。選挙で苦戦していたネタニヤフ氏を支援しようとしたとみられる。(ワシントン=渡辺丘)