[PR]

 英国を除く欧州連合(EU)27カ国はブリュッセルで開いた臨時の首脳会議で11日未明(日本時間同日朝)、英国のEU離脱期限を現行の12日から10月31日に延期することで一致した。EU側から提案を受けた英国のメイ首相も同意した。

 英国側は6月30日までの短期延期を求めていたが、事態打開のためには不十分と判断したとみられる。経済や社会に混乱をもたらす「合意なき離脱」を避けるため、英国のEU離脱は当初の予定から大幅に先延ばしされる見通しだ。(ブリュッセル=津阪直樹)