2018年9月。天皇、皇后両陛下は西日本豪雨の被災地を見舞うため、2週連続で岡山、愛媛、広島の3県を訪れた。この訪問は、大きな混乱を伴うものとなった。

 当初は13日に広島と岡山、20日に愛媛を訪れる計画だった。遠隔地を日帰りで回る強行日程だが、宮内庁は自衛隊ヘリを利用すれば可能と判断。宿泊や車移動で地元に大きな負担をかけたくないという両陛下の意向も踏まえた。

 だが、計画は冒頭からつまずいた。13日は天候不良で全日程が中止に。14日も朝から悪天候で、自衛隊ヘリで行ける岡山だけに切り替えた。変更が決まったのはこの日午前。両陛下が皇居を出発する直前という慌ただしさだった。

 岡山県側は対応に追われ、宮内庁の西村泰彦次長が「被災者の方々にも多大なご不便をお掛けしたことは非常に申し訳ない」と後に会見で謝罪する事態となった。

公的行為、1.5倍に

 天皇の活動の中で、被災地訪問…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら