[PR]

 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は10日、経済の自力更生を強調したうえで、経済制裁で屈服させようとする相手には深刻な打撃を与えると語った。朝鮮中央通信が11日、党中央委員会総会での正恩氏の報告として伝えた。

 正恩氏は総会で、米朝首脳会談の内容などに触れたうえで、「自立的な民族経済を土台にし、自力更生の旗を高く掲げ、社会主義建設をさらに進める」と強調。「制裁で我々を屈服させると血眼になり、見誤っている敵対勢力たちに深刻な打撃を与えなければいけない」と語った。

 米国を念頭に置いた発言とみられるが、直接、米国を名指ししないことで批判の度合いを抑えたとみられる。一方で、制裁を北朝鮮に対する「敵対行為」とみなしたことで、米国が制裁を続ければ新たな対応もありえると警告した。非核化にも触れなかった。

 ただ、会議全体の主題は自力更生にあり、経済発展に力を入れる路線を維持した。(ソウル=神谷毅)