[PR]

 安倍晋三首相は11日午前、前日夜の桜田義孝五輪相の辞表提出を受け「内閣全員がより一層身を引き締めていかなければならない。さまざまな批判があることも真摯(しんし)に受け止めなければならない」と述べた。桜田氏の後任に鈴木俊一・前五輪相を再登板させることも言明した。

 首相官邸で記者団に語った。「この機会に、全ての大臣が復興大臣である認識を再確認し、東北の復興に内閣一丸となって全力であたっていく考えだ」とも話した。

 桜田氏は10日夜、東日本大震災で被災した岩手県出身の自民党衆院議員のパーティーで、議員の名前を挙げて「復興以上に大事」と発言。その後「被災者の気持ちを傷つけるような発言をしてしまった」などとして五輪相を辞任した。