[PR]

 大分県中津市耶馬渓(やばけい)町で6人が亡くなる大規模な土砂崩落が起きてから11日で1年。復旧工事が進む現場で午前9時から、慰霊祭があった。

 犠牲になった3世帯の親族や地元金吉(かなよし)地区の住民、行政や工事の関係者ら約100人が参列。巨大な岩が点在する現場に仮の祭壇がつくられ、遺族らが次々と焼香した。

 祖母、母とともに犠牲になった江渕優さん(当時21)の高校時代の同級生、佐藤真美さん(22)は「友だちと集まると優さんの話になります。安らかに眠ってくださいと祈りました」と話した。

 県が昨年9月から本格的な復旧…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら