[PR]

 フィリピン北部ルソン島で、5万年以上前の新種の原人の化石が見つかった。フランスやフィリピンなどの研究チームが10日付の英科学誌ネイチャーで発表した。歯の特徴が過去に見つかった人類と違っており、「ホモ・ルゾネンシス(ルソン島の人)」と名付けた。北京原人やジャワ原人などに続き、アジアで第5の原人がすんでいたことになる。

 ルソン島にあるカラオ洞窟の地層から2007年以降、歯や手足の骨、大腿(だいたい)骨など少なくとも3人分の化石が見つかった。これらの分析から、身長は約1メートルと小柄だったことが判明。奥歯の小臼歯が大きく、根が3本に分かれているなど、ほかの人類にない特徴がみられたという。

 原人は絶滅した古い人類で、現…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら