[PR]

 富山市八尾町鏡町の和紙工房「桂樹舎」で、端午の節句に向けて、和紙製のこいのぼり作りが追い込みに入っている。

 桂樹舎では、30年ほど前から室内用のこいのぼりを作っている。伝統的な技法で紙すきから染めまで手作業で行う。長さ58~87センチのこいのぼりを、今期は約2千匹作る。

 色とりどりに染められるこいのぼりは、顔料に色止め効果のある豆汁(ごじる)が混ぜられていて色が長持ちするという。色付け担当の永井恵子さん(36)は「色鮮やかなこいのぼりを見て、子供の成長を願ってほしい」。

 こいのぼりは1匹(税込み48…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら