[PR]

 7日に投開票された相模原市議選(定数46)。このうち中央区選挙区(同17)で最後の1議席を争った候補者2人の当落は、くじ引きで決まった。当選者は「1票が重い……」と号泣した。統一地方選の後半戦を前に、その「1票」を見つめてみた。

 日付が変わった8日午前1時すぎ、同市内の開票所。市選挙管理委員会が発表した結果に、一様に驚きの声が上がった。

 3158票――。

 最後の当選者となる17番目の得票が、同数で並んだ。共産の今宮祐貴氏(34)と無所属の松浦千鶴子氏(45)。いずれも新顔で初当選を目指した。

 市選管は票の再点検を始めた。立候補した25人すべての票を確認したが、結果は同じだった。

 公職選挙法には「得票数が同じであるときは、くじで定める」とある。この規定に基づき、くじ引きが行われることになった。

 午前4時すぎ。開票所に2人が呼ばれた。緊張した面持ちで机の前に並んで座り、「運命のくじ引き」を待った。

 市選管は1、2の数字が記された棒を袋に入れ、順番に引き、1を引いた方を当選とすることにした。

 最初に引いた松浦氏はほんの一瞬、天を仰いだ。続いて、今宮氏がくじを引き抜いた。2人が同時にくじに目をやる。

 「1」を引いたのは今宮氏だった。当選くじを持った右手を掲げた後、喜びをかみ締めるように数秒間、机に突っ伏した。松浦氏は硬い表情を浮かべた。

 くじ引きで分かれた明暗。直後に報道陣の取材に応じた今宮氏は号泣しながら「こんなに1票が重いとは……」と涙をぬぐった。

     ◇

 このニュースがネットに掲載されると、多くのコメントが寄せられた。

 「こんなことが本当にあるんだ」「1票の重さを感じた」「投票に行くことが大事だと思った」

 くじ引きで当選者が決まったケースは過去にいくつかある。前回2015年の統一選の熊本市議選では、現職2人の得票が4515票で並び、くじ引きに。17年にあった島根県飯南町議選では、当落線上の3人が得票260票で並び、最後の2議席をくじで決めた。

 当事者たちはくじ引きをどう思ったのか。

 当選が決まった今宮氏は「くじを引く時、3158人の投票してくれた方々の思いがよぎった。くじ引きはしたくないという気持ちが強かった。つらい選挙になった」と振り返る。

 選挙戦では「みんなの声で政治を変えよう」「住民の命や暮らしを最優先する市政へ」と訴えた。今宮氏は「対話を重視して弱い対場に寄り添う市議になり、職責を果たしたい」。

 一方、落選した松浦氏は「くじ引きで決まるのは想定外で、受け止めきれないところもある」と複雑な心境を見せる。小学校教諭として長年、教壇に立った経験から「子どもに夢を。市民に安心を」と訴えた。その思いはかなわなかったが、「結果は結果として真摯(しんし)に受け止めたい」。

     ◇

 知事選の投票率が40・28%と過去最低を更新し、県議選の無投票当選が過去最多の13選挙区20人となった統一地方選の前半戦。後半戦は21日に投開票される。(石平道典)