[PR]

【アピタル+】患者を生きる・食べる「再びおはぎを」(高齢者の食支援)

 高齢になると、病気をきっかけに口から食事をとることが難しくなりがちです。でも、食べることは人生の大きな楽しみ。最期のときまで食を支援しようという取り組みも出てきています。愛知学院大准教授で、介護老人保健施設などで高齢者らの食支援に携わっている言語聴覚士の牧野日和さんに聞きました。

――食べる機能の低下は、どのように現れますか。

 原因によってさまざまですが、特段の病気がなくても、食事中によくむせる▽食べものが口から漏れ出す▽たんの量が増える▽食べものの好みが急に変わる、などの場合は、食べものをのみ込む力が落ちたり、食事にかかわる身体の能力が下がったりしている可能性があります。呼吸のときに「ヒューヒュー」といった雑音がする場合、気管にたんや食べものの一部が残っていることがあります。こうしたことに気づいたら、主治医やケアマネジャーなど、身近な医療や福祉の関係者に相談されることを勧めます。

――食べる支援はどのように進めるのですか。

 食べる機能が落ちた原因に応じて、その人にとって最適なケアを目指します。医師や歯科医を中心に、食べものをのみ込む「嚥下(えんげ)」機能に問題はないか、入れ歯の調整が必要かといった点を調べます。また、筋力が落ちて上体を起こせずに食べる姿勢が保てないといった場合もあるため、理学療法士のもとで筋肉を動かすリハビリをすることもあります。言語聴覚士は、口やのどなどの部位を中心にその人の食べる機能を評価し、どんな支援をするのが望ましいかを検討します。食べるための課題は人によって大きく異なるので、いろいろな専門家が連携して取り組みます。

 食べ物の形態も重要です。例えば、その人にとって食べ物が硬すぎると、誤嚥(ごえん)や窒息の危険性が高くなります。軟らかいメニューであればこうした危険性は減りますが、軟らかすぎる状態の食事をずっと続けると、食べるのにかかわる筋力といった、その人に残っている機能が使わないことでさらに低下する「廃用症候群」に陥る恐れがあります。ご本人の食べる力は刻々と変化するので、その人の状態をできるだけきめ細かく把握することが大切です。

写真・図版

――家族はどのように支援しますか。

 その人の食べる力がどの程度かは、基本的に医療者が評価して、どのような食事がふさわしいか、介助はどのようにしたらいいかなどについて、ご家族に助言します。最近は、食べる力の落ちた高齢者らを想定した「嚥下(えんげ)食」などが市販されています。こうした商品も使い、無理なく支援していただくのがよいと思います。介助の負担が重い、どのように支援したらいいかわからないと感じるような場合は、遠慮せずに在宅のスタッフたちに相談してください。

家族にとっても喜びに

――最期まで食べてもらえることは、家族にとっても喜びになるようです。

 「食べたい」という本人の願いをかなえようと、できる限りのことに取り組むことが、結果的に家族にとっても達成感や納得感につながるのだと思います。ご本人が食べるかどうか、それ自体がゴールではないと考えています。

――本人家族が納得できるような看取(みと)り期の食を「お食い締め」と呼んでいますね。

 人生を締めくくる食事という意味を込めて、そう呼んでいます。亡くなったあと、「あの人にとって、あのときがお食い締めだったね」と振り返ることが多いです。ただ、お食い締めはご本人の意向を踏まえることが前提です。中には、食べたい様子がまったくみられない方もいます。こうした方に善意のつもりで食べさせようとしても、本人にとっては苦痛でしかないことが少なくありません。食べるペースもその人に合わせるなど、あくまでその時点の本人の意向や心身の状況を尊重するようにしています。

 ◇ご意見・体験は、氏名と連絡先を明記のうえ、iryo-k@asahi.comメールするへお寄せください。

<アピタル:患者を生きる・食べる>http://www.asahi.com/apital/special/ikiru/(聞き手・田村建二)