[PR]

それぞれの最終楽章・認知症病棟から(6)

細井尚人・袖ケ浦さつき台病院医師

 認知症は入院しても治せません。症状が進んで本人が提供される医療の判断ができなくなると、主に家族に治療方針を説明し、同意を得ます。その時、いつも感じるのは「延命治療」に対するギャップです。その典型が点滴です。

 ここでいう延命治療は、それを…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら