写真・図版
[PR]

 「卵子の質の改善」を試みる不妊治療を行い、今年2月までの約3年間で計10人の子どもが生まれたと、大阪のクリニックが、名古屋市で開かれている日本産科婦人科学会で13日発表する。重い不妊の女性の治療の選択肢になりうると主張している。一方、この手法の効果を否定する海外の研究報告があり、効果や安全性を疑う声もある。

 実施した「HORACグランフ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら