[PR]

 大阪府泉佐野市は11日、6月から始まるふるさと納税の新制度の利用を総務省に申請したと発表した。同省は昨年11月以降に制度の「趣旨に反する方法」で多くの寄付を集めた自治体を指定から外す方針で、泉佐野市は該当する可能性が高いが、記者会見した八島弘之副市長は「総務省が権力を乱用しないよう願う」と牽制(けんせい)した。

 3月の地方税法改正に伴い、総務省は「返礼品は地場産品に限る」「経費は寄付額の5割以下」などとする新制度の基準を公表。泉佐野市によると、1200種類に上る返礼品のうち、市外産の肉や海産品など半数以上が排除される見込みだ。2018年度は360億円を超える寄付が集まったが、市の担当者は「新制度では100分の1以下に減るのでは」との見通しを示した。

 今年2月から返礼品に加え、寄…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら