なぜネット通販にポイント還元? 消費増税で渦巻く疑問

有料会員記事

久保智
[PR]

 10月に予定される消費増税に合わせ、政府が始めるキャッシュレス決済へのポイント還元。キャッシュレス普及の狙いもあるが、ネット通販も対象になっていることに疑問の声が上がっている。ネット通販では新たにポイント還元などしなくても、すでにキャッシュレスのカード決済が主流だからだ。ポイント還元を悪用した不正への懸念も指摘される。どんな問題点があるのだろうか。

     ◇

 ポイント還元は、消費増税後の消費の落ち込みを防ぎ、中小企業支援を通じてキャッシュレス決済比率を向上させる狙いがある。

 中小規模の店でクレジットカードや電子マネーといった現金以外で買い物をした場合が対象だ。決済額の5%分のポイントを政府の負担で消費者に還元する。実施期間は来年6月までの9カ月間。4千億円近くの公費が投じられる。

 ここで問題になっているのが…

この記事は有料会員記事です。残り1228文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら