[PR]

 江戸時代の浮世絵師、葛飾北斎(かつしかほくさい、1760~1849)の「富嶽三十六景(ふがくさんじゅうろっけい)」は欧米など海外でも有名だ。中でも「神奈川沖浪裏(かながわおきなみうら)」は、「グレートウェーブ」と呼ばれる荒波の向こう側に雪をかぶった富士山がみえる構図で、ファンの心を魅了する。最近、日本の新しい千円札の絵柄にも登場することが決まった。

 その北斎が、富士山の噴火を描いていることはあまり知られていないだろう。

 「富嶽百景」という作品集の中に、「宝永(ほうえい)山出現」と名付けられた浮世絵がそれだ。

 降り注ぐ岩、崩れ落ちた家屋、下敷きになった馬、人までもが宙を舞い、なすすべもなく逃げ惑う人たち――。宝永4(1707)年の富士山の噴火(宝永噴火)の様子を描いたものとされる。天から降ってくる大量の火山礫(れき)や、全壊した建物に押しつぶされた人、逃げ惑う人たちの姿がそこにあった。

当時は売り物になりにくかったという災害の絵図を、北斎が描いた理由とは。後半では、本の見開きとなった絵図の全体像も紹介します。

 北斎といえば、静かで穏やかな…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら