景気判断、政府が据え置き 「緩やかに回復」は妥当か

有料会員記事

森田岳穂、北見英城
[PR]

 国内の景気について、政府は18日、4月の判断を3月のまま据え置いた。月例経済報告で「このところ輸出や生産の一部に弱さもみられるが、緩やかに回復している」とした。その判断は妥当なのか。

 3月は、2月までの「緩やか…

この記事は有料会員記事です。残り1049文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら