[PR]

 日産自動車前会長カルロス・ゴーン容疑者の妻キャロルさんに対する証人尋問はどのようにして実現したのか。

 刑事訴訟法は226条で「公判前の証人尋問」を定める。「犯罪の捜査に欠くことができない知識を有する者」が出頭や供述を拒んだ場合、公判が始まる前に限って、検察官が裁判所に証人尋問を請求できるという仕組みだ。

 地裁が請求を認めた場合、尋問は任意の事情聴取ではなく、強制的な手続きになる。うそをつけば偽証罪に問われ、自分や近親者が刑事訴追や有罪判決を受ける恐れがあれば証言を拒めるといった原則は、公判の証人尋問と同じだ。

 作成される調書は、裁判官の目の前で話した内容が記録される。このため、検察が取り調べで作る供述調書より信用性が高いものとして扱われる。

 逆に弁護側は難しい立場に立た…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら