[PR]

 国民民主党の玉木雄一郎代表と自由党の小沢一郎代表が11日、国会内で会談し、夏の参院選での候補者調整について協議した。小沢氏が自らの地元・岩手選挙区での候補者選定をめぐり、共産党の志位和夫委員長、社民党の又市征治党首と近く会談することを確認した。

 岩手選挙区の候補者選定では、共産、自由、社民の3党が擁立を決めた候補に国民の階猛衆院議員が異論を唱えており、国民と自由の合流協議に影響している。小沢氏は会談後、志位・又市両氏に国民側の要請を踏まえ再協議を打診することを明らかにした。