[PR]

 囲碁で考慮時間の短い「早碁(はやご)」の世界一を競う「第1回日中韓竜星戦」の第1戦が11日、東京都千代田区で打たれ、日本の一力遼八段(21)が、中国ランキング1位で世界最強と目される柯潔(かけつ)九段(21)に白番中押し勝ちを収め、13日の決勝進出を決めた。

 日中韓3カ国でそれぞれ開かれた早碁棋戦「竜星戦」の各優勝者3人が、変則トーナメントで優勝を争う新棋戦。一力に敗れた柯は12日の第2戦で韓国の金志錫(キムジソク)九段(29)と打ち、その勝者が一力と決勝を争う。

 これまで柯に0勝3敗だった一力は対局後、「世界一の棋士に勝てて非常に自信になる。決勝も厳しい戦いになると思うが、気を引き締めていきたい」と、顔を紅潮させて話した。(大出公二)