[PR]

 大学が受験者側に合格連絡の電話をしても30分以内につながらない場合は入学辞退と見なす――。公立大学法人九州歯科大学(北九州市小倉北区)でこんな内規が適用され、物議を醸した。保護者の抗議を受け、大学は合格を認めたが、どんな事情があったのか。

 九州歯科大学によると、歯学部口腔(こうくう)保健学科の一般入試で合格者3人が入学を辞退。3月28日に不合格者の上位3人を追加合格とした。うち1人は、保護者の携帯電話に2回連絡しても、応答や折り返しがないまま30分が経過。大学は入学辞退と判断し、新たに1人を追加合格とした。約1時間後に大学に電話をした保護者が辞退と見なされたことを知り、抗議。大学は同日、対応を協議し、新たな1人も含めて追加合格を認めた。

 大学学務部は取材に対し、公立大学協会の入試実施要領をもとに手続きをすすめた、と説明する。要領では今年度、後期試験の合格者の入学手続きを27日までとし、欠員の追加合格を28日から決定。31日を入学手続きの締め切りとした。ただし、31日までに入学意思を確認すれば、各大学の事情に合わせ、4月1日以後を締め切りに設定することもできた。

 九州歯科大は4月3日が入学式…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら