[PR]

 リングに立てば華々しい戦いを繰り広げ、マイクを握れば熱きパワーで会場を最高潮にする。全日本プロレスの三冠ヘビー級王者、宮原健斗さんが4月、故郷に凱旋(がいせん)した。王者の原点、福岡への思いを聞いた。

 ――福岡市出身なんですね。

 そうです。この辺り(JR博多駅周辺)はしょっちゅう遊びに来ていました。「庭」ですね。

 ――プロレスの「西の聖地」博多スターレーンには行きましたか。

 もちろんよく見に行きました。いつも試合後には色紙とサインペンを持って選手の出待ちをし、サインをもらっていました。プロレス少年でしたから。

 そもそも、スターレーンでしかプロレスを見たことがなかった。ファン時代はスターレーンしか知りません。

 ――いつごろ、プロレスにはまりましたか。

 小3のころにはプロレスラーになろうと思っていました。そのころは体が細くて、よく女の子に間違えられることがコンプレックスで。力士やレスラーのような大きな男の人に憧れていました。

 ――周りの反…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら