[PR]

 韓国による日本産水産物の輸入規制をめぐり、世界貿易機関(WTO)の紛争を処理する上級委員会が公表した報告書について、河野太郎外相は12日未明、「韓国の措置がWTO協定に整合的であると認められたわけではないが、我が国の主張が認められなかったことは誠に遺憾だ」とする談話を発表した。

 今後の対応については「我が国としては、韓国に対して規制措置全体の撤廃を求めるという立場に変わりはなく、上級委員会の今次報告書を踏まえ、韓国との協議を通じ、措置の撤廃を求めていく」と主張。輸入規制を続けている他の国や地域に対しても撤廃、緩和を求めていくとした。