[PR]

 韓国による日本産水産物の輸入規制をめぐる世界貿易機関(WTO)の上級委員会報告書について、菅義偉官房長官は12日午前の記者会見で、「我が国の主張が認められなかったことは誠に遺憾だ」と述べた。一方、日本産食品は韓国の安全基準を十分クリアするという第一審の紛争処理小委員会の事実認定は維持されているなどと指摘。「我が国が敗訴したとの指摘は当たらない」と主張した。

 河野太郎外相は12日未明、「我が国の主張が認められなかったことは誠に遺憾だ」とする談話を発表した。談話では「韓国の措置が(WTO)協定に整合的であると認められたわけではない」とも指摘。韓国に対し、協議を通じて措置の撤廃を求めていくとした。河野氏は12日朝、外務省に韓国の李洙勲(イスフン)駐日大使を呼び、日本産食品は韓国の安全基準を十分クリアするとした第一審の事実認定が、WTO上級委でも維持されたと指摘。今後は協議を通じて、輸入禁止の撤廃を働きかけていきたいと伝えた。李氏は会談後、記者団に「日本政府の立場をしっかり聞き、韓国政府の立場を伝えた」と語った。

 ただ、12日午前の衆院外務委…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら