皇室には平安時代から、授乳を母親とは別の女性に任せる「乳人(めのと)」制度の慣例が長く受け継がれ、天皇陛下の幼少時も乳人の女性が担当した。今の皇太子さまが生まれた時に廃止されたが、どんな制度だったのか。その手掛かりが岐阜県で見つかった。

 印象的な一枚のモノクロの写真がある。ひしめくように集まった人たちが、中央に立つ着物姿の女性に目を向けている。天皇陛下の授乳を担当した乳人、竹中敏子さんだ。

 敏子さんは岐阜県池田町(旧八幡村)で生まれ育った。写真の横に「乳人御礼挨拶(あいさつ)」と書き添えてある。敏子さんが乳人の役目を終えて帰郷した際、地元を挙げて出迎えを受けた時の写真とみられる。親族が保管していた。

 成城大の森暢平教授(54)の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら