[PR]

 元プロサッカー選手で兵庫県三田市在住の柳川雅樹さん(31)が12日、同市スポーツアドバイザーを委嘱された。アドバイザーとしては第1号で、市のスポーツ施策や振興事業に助言していく。

 柳川さんは地元の弥生FCでサッカーをはじめ、ヴィッセル神戸のジュニアユースやユースに所属。2006年にヴィッセル神戸とプロ契約し、07年にU―20日本代表に選出されるなど、大型DFとして期待された。ザスパ草津、ガイナーレ鳥取にも在籍した。

 今年から甲南大学体育会サッカー部監督を務め、1部昇格を目指し、「日本の大学の体育会サッカー部を引っ張る存在にしたい」と張り切っている。

 この日市役所であった委嘱式で、「プロに入る夢をかなえることができた自身の経験を少しでも還元したい」と強調。サッカー選手らを集めて昨年12月に開催したイベント「SANDAドリームサッカー」を再び催す構想も明かした。(藤井匠)