[PR]

 国土交通省は12日、2016年4月の熊本地震で被災したJR豊肥線の不通区間が20年度中に運転を再開し、全線が復旧する見通しだと発表した。熊本市など九州の西側から阿蘇方面へのアクセスが充実し、観光などの追い風になると地元の期待は高まっている。

 豊肥線は熊本―大分を結ぶ約148キロの路線。大規模な斜面崩壊や土砂流入があり、肥後大津―阿蘇(約27キロ)で運転を休止していた。

 被害のあった九州新幹線や鹿児島線はすでに復旧した。豊肥線が加われば被災したJRの路線すべてが運転を再開する。第三セクター・南阿蘇鉄道も22年度中の全面再開をめざす。

 また、国交省は12日、南阿蘇…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら