[PR]

 韓国による日本産水産物の禁輸について、日本政府は世界貿易機関(WTO)の上級委員会から事実上の「敗訴」を言い渡された。勝訴を見越していた政府には衝撃が広がる。関係悪化で韓国との協議の見通しは立たず、他国・地域にも規制緩和を求める算段も狂った。

 「えっ、本当に?」

 11日午後9時ごろ、東京都内でスマートフォンを手にした日本政府関係者は目を見開いた。このころ、日本政府には約3時間後の正式公表前に、内々にWTOから報告書が示されていた。外務省と水産庁では、担当者が幹部の部屋を駆け回る物々しい雰囲気になった。

 「一部は負けているようだ」と…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら