写真・図版

[PR]

 アマゾンジャパンが、有料会員サービス「アマゾンプライム」の年会費を、従来の3900円(税込み)より1千円高い4900円(同)に値上げした。値上げは12日朝にホームページ上で突然発表され、従来より2割も上がる大幅なものだが、ネットでは「仕方ない」との反応も。最近は食品やサービスの値上げが相次ぎ、ネガティブに取り上げられることが多いのに、なぜアマゾンの大幅値上げは「猛反発」を招かなかったのか。

 値上げされた「プライム」は2007年にスタート。当初はネット通販での「お急ぎ便」などの配送特典のみだったが、その後、動画見放題の「プライムビデオ」や音楽聴き放題の「プライムミュージック」、会員限定セールなど、多くの特典が追加されてきた。

 アマゾンが値上げを明らかにした12日には、ツイッター上で「これを機に退会する」と反発する声も上がった。一方で、「仕方ない」「それでもまだ安い」「あまり驚きはない」など、冷静に受け入れる声も目立った。

 なぜなのか。理由の一つに、受…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら