[PR]

 保健所から引き取られるなどした「保護猫」がくつろいだり、元気いっぱいに遊んだりしている姿を撮影した写真コンテストが、大分市のおおいた動物愛護センターであった。保護された猫が幸せに暮らす様子が写真から伝わってくる。

 センターが主催したのは「うちの猫!写真コンテスト」。大分県内の保護猫の飼い主から112点の応募があり、一般観覧者の投票で10組の入賞が決まった。

 最多得票は、同県津久見市の小手川由佳さんが撮影した「段ボールひとつで幸せ」。会社の上司から譲り受けた「りんちゃん」が、大好きな段ボールで遊んでいる姿を撮影した。

 小手川さんは「日常の何げないひとコマが、みなさんの共感を呼んだようでうれしい。好物のえさをあげて乾杯します」。

 日だまりの中で気持ちよさそうな表情をするメスの三毛猫「愛ちゃん」を写した作品が入賞したのは、同県臼杵市の村上睦美さん(63)。愛ちゃんは11年前に24歳で「ニャン生」を閉じたが、病気で目が見えなくなってもベランダを歩く「リハビリ」を続けた「努力家」だったという。

 「受賞を知ったら、『いやあ、照れちゃうわ』と頭をかくかもしれない。帰って仏壇に報告したい」

 入賞した作品はセンターで展示されている。

 センターは今年2月に開所し、保護された犬や猫の手術やしつけをする施設がある。譲渡会を定期的に開き、殺処分される犬や猫を減らすことを目指している。(前田朱莉亜)