[PR]

 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は12日、国会にあたる最高人民会議で演説し、3回目となる米朝首脳会談を行う用意があると述べた。ハノイで2月末に開かれた2回目の会談が物別れに終わった後、正恩氏が米朝首脳会談について立場を明らかにしたのは初めて。ただ、米国の要求は一方的だと強く批判し、会談開催には条件も付けた。

 朝鮮中央通信が13日に伝えた。正恩氏は、トランプ米大統領と「立派な関係を維持している」とし、「米国が正しい姿勢で我々と共有できる方法論を見つける条件で、第3回首脳会談を行う用意がある」と語った。さらに「今年末までは忍耐をもって米国の勇断を待つ」として、年末までに米国が非核化をめぐる方針を変えるよう求めた。

 ハノイでの会談で、トランプ氏…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら