[PR]

 リコーダーの全国大会で数々の成績を収めてきた旭が丘小学校リコーダークラブ(三重県鈴鹿市)の5年の活動を閉じる解散式が12日夜あった。指導者の長岡むつみ先生(55)の異動で幕を閉じることにした。最後に長岡さんが子どもたちを指揮した曲は、全国大会で受賞の思い出もあり、出発を意味する映画音楽の「Departures」。子どもたちと自らの未来に願いを込めた。

 クラブは市立旭が丘小学校の児童がメンバーだが、学校のクラブではなく地域の活動として父母らとともに続けてきた、長岡さんが赴任した2014年の春に発足し、5年間で約85人が在籍した。

 活動1年目からCBCこども音楽コンクール中部日本決勝大会で優秀賞を獲得するなど、子どもたちの演奏力は急速に上達した。音域の異なる数種類のリコーダーで奏でる音楽は小さなオーケストラのよう。5年連続で全日本リコーダーコンテストの合奏、重奏の2部門で金賞を受賞する過去に例がないといわれる成績を収め、こども音楽コンクール全国大会でも優秀成績チームの常連だった。

 「なぜ、こんなすごい指導がで…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら