【動画】開通した東北中央道の新区間=遠藤雅彦撮影
[PR]

 東北中央道の南陽高畠(山形県高畠町深沼)―山形上山(山形県上山市金瓶)インターチェンジ(IC)間の24・4キロが13日、開通した。山形、福島、仙台の県都3市が東北中央道、東北道、山形道で環状につながった。山形県と首都圏のアクセスも向上することから、物流や観光への貢献が期待されている。

 東北中央道は、福島県相馬市を起点に福島、米沢、山形、新庄などを経由して秋田県横手市で秋田道に連結する総延長約268キロの高速道路。今回の開通で、東北道と接続する福島ジャンクション(JCT)から東根北IC(山形県東根市)までが一本になった。

 並行する国道13号の渋滞緩和が見込まれるほか、山形市から米沢市までの所要時間が約20分短縮され、50分ほどになるという。

 上山市のかみのやま温泉IC近…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら