[PR]

 北九州市の夏祭り「戸畑祇園大山笠」で、大山笠の調整を担う振興会の総会が13日、ウェルとばた(同市戸畑区)であった。新たな会長に麻生渡前知事が就任。暴力団排除を強化するため会則を改正する案を正式に承認した。

 大山笠をめぐっては昨年、競演会のスケジュール管理などを担う振興会運営委員長の男(49)=詐欺罪で公判中=や各大山笠の総代表らが、指定暴力団工藤会系組長の宴会に出席していたことが発覚。全員が役職を辞めたり解任されたりし、会長も引責辞任した。

 この日の会則改正では、運営委員会などを廃止。地域の各団体から選んだ第三者による評議員会を新設し、幅広い人が運営に関わる仕組みにした。大山笠と振興会、市の3者で暴力団排除を前提とする覚書を交わすことも盛り込んだ。

 自見栄祐会長代行は総会後、「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら